Author Archives: waka

Life as a mum, pianist and piano teacher

It has been quite sometime since I posted here. So many things happened since but I am so happy to tell you that I am a mother to a two years old daughter. I have never imagined how time flies … Continue reading

Posted in Can I be a super mum?, English | Leave a comment

The Palace Concerts Series

The autumn has arrived. I actually love this time of the year. Well, as long as it is not raining that is.. Walking through my local Crystal Palace Park has been particularly enjoyable seeing the beautiful sunrise shining on golden … Continue reading

Posted in English, London, music | Leave a comment

ラジオインタビュー

昨日は、ローカルラジオインタビューで明日リリースになる私のソロCDのお話をさせて頂きました。 ポッドキャストでまだ聴けるのでぜひ聴いてみてくださいね。 ラジオの番組中にもありますが、抽選でラッキーなリスナーにニューアルバムをプレゼントします! 質問に答えて、ポッドキャストを聴くとメールアドレスが分かるので皆さんどうぞ応募してね。 質問*  作曲家Samuel Coleridge-Taylorはアメリカに3回のツアーをし大成功をおさめ、黒人としてはじめて白人のオーケストラを指揮するほか、イギリスだけでなくアメリカにおける黒人の人権運動に関わった重要歴史的な重要人物でした。そんな彼は、ルーズベルト大統領に招待を受け、ホワイトハウスに招かれましたが、それはいつだったでしょうか? A.1875 B.1904 C.1910 簡単でしょう?ぜひ皆さん、応募してみてください。

Posted in London (Jp) | Leave a comment

Croydon Arts Show-Croydon Radio

Enjoyed being invited to be on Croydon Radio -Croydon Arts Show yesterday afternoon. You can listen to the podcast from the link below. http://croydonradio.com/podcast/show.php?HistoryID=b76a169c-0976-1465-ac26-7fde597d572e Competition Answer to the question and a lucky winner can win my new Samuel Coleridge-Taylor CD! … Continue reading

Posted in London, music | Leave a comment

Wigmore Hall リサイタル終了

7月22日にデュオのコンサートをWigmore Hallにて私のデュオパートナー、Joseph Tong とともにPiano 4 Hands2台ピアノのコンサート行いました。 プログラムは、プーランクの2台ピアノソナタ、ブリテンのIntroduction and Rondo alla Burlesca, グレンジャー編曲によるガーシュインのポギー&ベス、ストラヴィンスキーの春の祭典、そして世界的に活躍されていらっしゃる同じロンドン在住作曲家、藤倉大さんの書いて頂いた新曲のロンドン初演。ものすごいエネルギッシュなプログラムでしたが、お客様も喜んでくれた様子。私たちもものすごく楽しく演奏出来ました。今回、スポンサーとなってくださった、IIJ Europe, YUTAKA, Daiwa Capital Markets 各社に感謝 するとともに、駆けつけてくださった聴衆の皆様一人一人にありがとうを伝えたくて、久しぶりにブログ書いております。ホールの聴衆の皆様が盛り上がってくれると、こっちもエネルギーをもらえてますます乗っていけるから不思議です。 演奏会に来てくれた私の生徒の一人が、今日レッスン中に私に言ってくれたこと。すごく楽しんでくれたらしいのですが、特に、私が演奏中に楽しそうに笑顔で弾いているのが良かったとのこと。ご両親と来てくれた彼女、まだティーンなのだけれど、感性の鋭い14歳。 えー、私、笑顔で弾いてるのー? 知りませんでした。演奏している時って、大抵音楽に入り込んでいて、あまり自我というものの存在感を感じることがないんです。演奏し終わって、ハッと振り返るとお客さんがいらして、あ、お辞儀しなくちゃって感じ?    

Posted in London (Jp) | Leave a comment

Wigmore Hall concert

On 22nd July I gave a two piano concert at Wigmore Hall with Joseph Tong. We have celebrated our 10th anniversary of forming a  piano duo last year as Piano 4 Hands and this was really special event for us. The programme … Continue reading

Posted in London, music | Leave a comment

My local fish monger & Spaghetti alle vongole

Ti piace gli spaghetti alle vongole? December has arrived.. I can’t believe that it has been almost 4 months since I blogged my first entry here.. What a shame.. I have to keep it up. A bit like regular piano … Continue reading

Posted in English, Food, London | Leave a comment

昨夜はボンゴレ

新しいウェブサイトを作って頂いてから早くも4ヶ月。その間、ブログを書こうと思いつつ、毎日忙しさにかまけて、気がついたらもう12月!昨日は、朝はローカル新聞、Croydon Advertizerの電話インタビューを受けました。この新聞会社は、どうやら先週売られたらしく、芸術分野の専門編集者が来年から居なくなってしまうらしい。その前に来年発売予定の私のソロCDのことなども含めてインタビューしたいとのことで、編集者のPさんから予定の時間きっかり、11時にお電話を頂きました。インタビューなんていうより、とっても楽しくお話しさせてくれました。プロの技ですね。私が住んでいるロンド南西のCrystal Palace出身の彼女とローカルのお話で盛り上がって、これでインタビューになったのだろうかって感じ。シングルなの?それ、掲載していい?それは。。。言葉に詰まった。爆笑 さて、午後に久しぶりにバスで15分のダリッジに買い出し。目的はお魚屋さんMoxon’sです。イギリスって、魚屋の数は日本に比べると限られてます。スーパーに行っても、大きめのスーパーに行くとお魚カウンターがあるけれど、新鮮さは、いつも良いとは限りません。私が住む近所にもう一つお魚屋さんが2年前にオープンし、私はかなりラッキーです。 夏にイタリアで食べたボンゴレと同じ位、美味しいボンゴレを作ろう!ということで、トマトはオーブンで40分ほどゆっくり焼いてみました。イタリアのトマトほど甘くないのだけれど、焼くことによって甘さが出ますね。美味しかったー。パスタ料理って本当にシンプルだけれど、イタリアの料理って、材料の良さが大切ですね。食後にもうちょっとお仕事。メンデルスゾーンの無言歌集。懐かしい曲達に戻るって、昔の友達に会うみたいな感じかな?寒いロンドンの夜が更けていくなか、ふと思いました。      

Posted in Food (Jp), Japanese | Leave a comment